FC2ブログ
好きな画家に、熊谷守一がいる。

晩年、自宅から殆ど外に出ず、
昼間は庭の中の観察で時間を過ごす。

アリを見たり、金魚を見たり、かまきりを見たりしている。

実際に絵を描くのは夜。

彼の一日を見ていると、まるで
観察が主で、絵を描く方がおまけの様に見える。

観察そのものが楽しくて、楽しくて。

もしかしたら、画家の本質ってそこにあるのかな。

ダンスを踊る事も、似ている。

毎日毎日、同じステップを繰り返す。
何をしてるかと言えば、身体の中の観察。

感じて、感じて、何かを発見する時がある。

パーっと、何かが開けていく。

画家のモチーフ、ダンサーの身体。定点観測。
スポンサーサイト



2020.08.14 Fri l つれづれ l コメント (0) l top
お盆になると思い出す。

お寺の裏庭で、猛犬にお尻を噛まれた夏の日を。

茨城県大洗にほど近い、丘の上に立つお寺。
キラキラ海が見渡せる。

お寺の周りに、それは美しい竹林があった。

余りの美しさにフラフラと裏庭に。

そこでガブリとやられた。

子供心に、やばいと思った。
痛いけど、親に言ったら怒られるとも思った。

帰りの電車の中で親に告白したのは、
もしかしたら狂犬病になるやもと急に心配になったからだ。

後でそれは大丈夫と分かった。

昔は良く「狂犬注意」という張り紙が軒先にあったもんだ。
2020.08.13 Thu l つれづれ l コメント (0) l top
東京時代の古い生徒さんから、
久しぶりにメールがあった。

ダンス以外にも趣味の広い方で、
お茶や陶芸をなさっている。

でも、どうやらこのコロナ騒ぎで、
ダンス同様、お茶や陶芸も活動がままならない様子。

そういえば、私もサラリーマン時代の職場で、
お茶を少々習っていた。

濃茶は、茶碗を客人で回し呑み。

そりゃ、今は難しいよなあ。

何百年も続く伝統は、そう簡単には変えられないだろうと思って
ちょっと調べてみた。

協会の様なところからは、ガイドラインとして、
茶碗の共有を止める様にとの指示。

わお、日本の伝統芸能、意外としなやかじゃん❣️



2020.08.12 Wed l つれづれ l コメント (0) l top
来月にある、社交ダンス教師試験の講師を頼まれました。
う、久しぶりに教科書勉強しないと ( ̄▽ ̄)

初めての受験者にとって、
ダンスの教科書は、何やら今までの人生で見た事の無い、
摩訶不思議なもの。

教科書には、「こうしなさい」の羅列が、独特の形で並んでます。

そこには、…「どうして?」はありません。

そこに何の意味があって、もっと言えば、
何が楽しいか、などとは書かれて無いのです。

それらは、自分で体験して探す事になるのですが、
これが長くて、ちょっと辛くて、
でもだんだん意味の解けてくる、結構面白い旅なのです。

ダンスを本気で始めると、
自分のチョットした感覚的な気づきに
どう対処して良いか分からない時期があります。

「気のせいかな」とおもったり、
周りの同意が無いと進めなかったり。(人にもよるけど…(^.^))

でも、感じることは止まらない。

思考と体験の繰り返しの中で、結果を出さないといけないという
期待のブロックが外れて来ると、
もっと純粋に感じる事を楽しめる様になります。

教科書の羅列も、
喜びの羅列に、思えて来るのです。

きっと、楽しい旅だよ〜 ボンボヤージュ…
2020.08.11 Tue l つれづれ l コメント (0) l top
コロナの流行がなかなか収まらない。

この出来事に、どう向き合おうかな。

売上げが減って行く中で考える事は、
補助金等の申請と、固定費。

固定費。

ヒトは生きていくのに固定の費用が必要なのか?

この世に生きてる動物で、固定費を払ってるのはヒトくらいだ。

近所の野良猫だって
(映画キャッツに出て来るロンドンのジェリクルキャッツ達だって…(^。^))、
払ってない。

一番進化したと言っているヒトが、一番不自由?

あ〜、固定費と呼ばれるものが一切無かったら、
自由だな。


2020.08.10 Mon l つれづれ l コメント (0) l top