FC2ブログ
WDSF系のスポーツダンスも凄いなあと、見る度に思うけど、
正直、自分がもっと歳とって爺さんになったらあんな事出来ないと、正直思う。

無理してやったら身体痛めそう…と思ってしまう。

アルゼンチンタンゴって、年配の人がやってもカッコいいよね。

社交ダンスがそうなる道はどこにあるんだろうね。

社交ダンスのどのエッセンスを磨いていくとそうなんるんだろうね。

本質を極める事が好きな日本民族は、そういう事を追求するには、
もってこいな民族の様な気がするんだけど。
スポンサーサイト



2021.05.06 Thu l つれづれ l コメント (0) l top
観光地としては人気の無いと言われる名古屋、
数少ない巡る地として、熱田神宮がある。

熱田神宮は、ある剣を祀ってあるそうだ。

草薙の剣。
古来、スサノオがヤマタノオロチを退治した時、その尾から見つかった神剣。

そんな事もあり熱田神宮の宝物館には、沢山の日本刀が展示されている。

中国から伝わった刀は直刀という真っ直ぐな刀。
日本刀はその後、「反り」の入った湾刀が主流になる。

直刀は、相手の肩から切り込むとグッと力を入れて下に押し下げないと切れない。
どちらかというと、突き刺したり叩き切る感じなのだろうか。

それに対して日本の湾刀は、肩から刀を入れ、手前に引く様にするりと切る感じ、…らしい。

日本人の体型や基本動作に適しているのだろう。

ダンスをやっていて、文化によって『歩く』動作そのものが違う様に感じる。

剣という生き死にの道具も、文化によって違うみたいだ。

現代に生まれてよかったよ。
違いを、生き死にではなく、楽しくダンスで感じれるからね。


2021.05.06 Thu l つれづれ l コメント (0) l top
「人は何故踊るのか」というテーマの番組があった。

ゲストの社会人類学者は、それは周りとのコミュニュケーション、
時には他者へのアピールの手段だという。

もう一人のゲスト、ある有名ダンサーは、自己のポテンシャル追求だという。
あくまでも個人的な経験の探求。

ダンスをやってると、自分はこの答えの両者を行ったり来たりしてきたと感じる。
どう見えてなんぼか、と、どう感じてなんぼか。

今はどっちでもいいと思うし。
どっちもだろう、と思っている。
2021.05.01 Sat l 未分類 l コメント (0) l top
一昨日の日曜日に教師協会の総会と講習会がありました。
講習会では、教師会員の中から3名の先生に、「最も大事にしてる事」というお題で、
お話して頂きました。

結果的に、三者三様の視点からの話になり、大変興味深い時間になりました。

自分が話すとしたら、どういう事かなぁ…と考えるのも楽しいです。

人は離れて見てるだけでは分からない、
なかなか人の本音は聞けないものです。

自分の本音すら、よく分からないのですから。

人様の本音に近い話を聞く事で、うーん🧐そうかあと唸る。

それと同時に自分はどうなのか、自分は何をしたくて、
何が得意か、などと考える機会にもなりました。

出来れば、もっと色んな人の話を聞いてみたい。
2021.04.20 Tue l 未分類 l コメント (0) l top
NHKで『オープン・シェア革命』という番組があった。

青山学院陸上部の原監督は、
箱根駅伝で優勝した年に、そのトレーニングメソッドを公開。
「…冷静に振り返ってみると、しらっとやっていた方が
もっと箱根駅伝で勝てたかもしれない
いつの間にか他のチームが強くなってきたと感じる…
でもそれでは結果として業界の発展もないし
自分自身の監督としてのスキルアップも出来てこないと感じたんです。

…(オープン化した)結果として陸上界は
楽しい雰囲気を醸し出していると思う。
マラソン、5,000メートル、10,000メートル、トラック競技
記録がどんどん伸びている…」

昨年最多勝利に輝いた大リーグのダルビッシュ投手も
you tubeで自分の投球方法を具体的に解説・公開している。
彼曰く
「技術を共有しないと他の選手の可能性の芽を摘んでしまことになり
野球界のためにならない
みんなが幸せになるのを自分が摘んでしまうはいやだから
いろんな事を共有しています。」

スポーツ界の中で輝いてる業界では
オープン・シェア革命が進んでる。

ダンス界もいい雰囲気を醸し出せる様、やって行きたいですね。
2021.04.18 Sun l つれづれ l コメント (0) l top