FC2ブログ
バシャールという、有名なチャネリングメッセージの中で、
“身体の持つキャパ”という話があり、とても興味深かった。

…私達の身体は、非常に精巧に作られた『楽器』です。
五感と身体の関係や、
精神と身体の関係性、
または環境と身体の関係性など、
まだまだ知らない事だらけです。

でも身体の関係性のすべては
“エネルギー”が元になっています。

つまり、目に見えない非物質界のエネルギーを、
身体という『楽器』が感知し、それを奏でて表現してくれています。

例えば五感を通して表現したり、
感情の変化で表現したり、
または感覚を通して表現したりと様々です。

スポーツマンやダンサー、
ミュージシャンやアーティスト、
サイキックや霊媒師など、
大勢の方達が身体の持つキャパを
“自分のワクワクに沿って”最大限に生かしています。

彼らは『自分の楽器(身体)』を
注意深く観察し、心と体のバランスをモニターしています。

こういう食事をすると楽器(身体)の音色が鈍くなるだとか、
こういう気分の時は記録が上がる、
またはこういう感覚の時は楽器(身体)が
休息を必要としているな、という具合です。

楽器(身体)は、エネルギーを元に作動します。
エネルギーは貴方の“意識”というフィルターを
通ってやってきます。

ですから、身体の持つキャパを最大限に生かすには、
フィルターをキレイにする事。

      : 笑い

“笑い”はキチキチした隙間のないエネルギーに
隙間を作り出してくれます。

隙間があるから新しいエネルギーが入ってこれるようになります。

…バシャールのメッセージ you tubeより

こういう文章を読んで、改めて自分の身体、動きを、
注意深く観察するという態度が大事だなぁと思います。

その場で、ただ立つ事や、一方歩く事だけでも、
感じる事は沢山あるし、その内容や関係性はどんどん
変化していくのだと思います。

あまり深刻にならず、バシャールの言うように
笑いながらも、その広大な世界を楽しんで行けたら。



スポンサーサイト



2020.04.30 Thu l つれづれ l コメント (0) l top
やってみたい事がある。
暇なので、毎日トライしている (^-^)

それは、
…寝てる間に、まず夢を見て

そしてその夢の中で、
自分が夢見ている事に、気づくのだ。

先日、ちょとかすった様な気がするのだが、
ハッキリと自覚するには至らず。

夢の中で、『あ、俺は今夢の中だ、』と気づけたら、
…何でも出来る、何してもいいよね、夢なんだから。

あれもしたいし、…コレもしたい、
…空も、自由に飛んでみたい。

でも、もしかして
この文章を書いてる今が、……夢かも。

超リアルなバーチャルリアリティ、とても夢には思えない。
さすが神様の創るものはハンパな〜い
2020.04.29 Wed l つれづれ l コメント (0) l top
沢田研二は歌う

『サムライ』(阿久 悠作詞)

片手にピストル
心に花束
唇に火の酒
背中に人生を
アーア、アーア、アーア、アア

… (^○^) 私も歌う

片手に 納付書(4月末日)
心に 自粛を
唇に ポテチと
背中に チョと脂肪〜
アーア、アーア、アーア、アア

昨日の発表では、コロナ感染者の数字が減って来た。
愛知県民も頑張っている。

サムライ達も頑張ろう!

2020.04.28 Tue l つれづれ l コメント (0) l top
最近手元近くに置いている本の中(“ライトボディの目覚め”)で、
「喜悦の光線」という言葉が出てくる。

…『この「喜悦の光線」の色を表すのに一番近い言葉は、
金色、コパー、ハニーブロンズといったところです。
全ての光線が融け合って白になる直前をイメージしてみてください。

またこの光線は、しばしばほかの光線よりもとろりとした感じで、
まるで蜂蜜のような濃密さがあります。』

この文章を見て嬉しくなった。
私がずっと好きだった沢田研二の歌声は、そう、そういう『色』なんだと気付かされた。

子供の頃よく見ていた夢に、
少し暗い部屋の中で、いくつもの金色の楽器がキラキラ光る、という情景がある。
歳をとってもそのイメージがずっとある。

今ハマって見てるYouTubeの「沢田研二 還暦コンサート」
彼が響かせる色は、まさしくコレだ。

真っ赤なスーツと、ピンクのフリフリシャツに身を包み
とろりとした、金色の音を出す。

コロナが終わったら、カラオケで歌いまくりたい。 





2020.04.27 Mon l つれづれ l コメント (0) l top
お気に入りの番組に「おぎやはぎの愛車遍歴」がある。

有名人の実際に乗っていた愛車が、次々と登場。
国産、外車、旧車、名車、最新車と…

自分では買えない様な車を、擬似的に体験している気になって楽しい(^○^)

自分的には、後輪駆動(FR)の車が好きだ。
エンジンの動力を後方の二本のタイヤに伝え,
その後方二本のタイヤが地面を駆るシステム。

自分が車に乗り始めた頃は、国産の小型車もFRが主流だったと思う。
今はすっかり前輪駆動(FF)が主流になり、国産セダンで貴重なFRだった
トヨタのマークXも昨年消滅してしまった。

外側から走る車を見ても、前輪が地面を駆っているのか、
後輪が地面を駆っているのかは全く分からない。

私の勝手なイメージでは、西欧人の歩き方はFR、
日本人の歩き方はFFの様だと思っている。

でも、西欧人も日本人も、自分がそうだとは知らないし、
相手がそうだとも知らない。歩き方は当然同じだとと思っているのだ。

そこに不思議な誤解が生じる。

というのは、FRとFFにはそれぞれ特性があり、メンテナンス方法も違うところがある。
例えば、すり減ってきたタイヤのローテーションの順番が違うそうだ。

FRの人が、そうとは知らずにFFの人に
自分がやっている順番をアドバイスをしても、変な事になってしまうのだ。

この不思議な誤解のやりとりが、ダンスの世界でも起こっているのでは?
と、想像してしまう。

つまる所、実は同じだと、生まれてこの方思っていた事に、
大きな違いがあるのかも…






2020.04.26 Sun l ダンス・動作の考察 l コメント (0) l top
“貧困女子 ホームレスの全日本代表アスリート”
という番組を見た。

彼女は「ローラーダービー」というスポーツの日本代表。
発祥の地、アメリカでは競技参加者約5万人の比較的ポピュラースポーツではあるが、
日本ではまだ競技参加者が約200人のマイナースポーツ。

道具も日本にはなく、全ての経費は自腹。
そんな中、生活をこのスポーツに捧げている。

番組では、クロスミントン、ベンチャースポーツ、スラックライン、
コウフ・フィールド、モルック、スピードボールなどその他のマイナースポーツの名前が上がっていた。

どれも聞いたことがない…

「好きじゃなきゃできない」と問われると、
「みんな好きです!」と即答する彼女。
とにかく、明るく楽しそう。

我らがボールルームダンスも最初は、マイナースポーツだったはず。
今でもと言われそうですが…

でもホームレスにはならないし。

マイナースポーツは、メジャースポーツになる事を目指す。
でも、メジャーになる為にというより、彼女は今がとにかく楽しそうに見えた。

2020.04.24 Fri l つれづれ l コメント (0) l top
今日は、私の好きな「野口体操」関連の本の中から
お気に入りの文章を。

「野口体操 感覚こそ力」(羽鳥 操 著)より

・野口体操でいう動きとは、『中身の変化が、外側に現れたもの』と、とらえています。
したがって、外の形ではなく、形が生まれるからだの内側に徹底的に着眼し、
実感したことを基にして、動きの方法論を編み出しています。

・運動能力が高いということは、その動きに必要な状態の差異を、
自分のからだの中に、自由に創り出すことのできることである。
自分のからだの中にその動きに最適な通り道を空けることである。

・大事なことは形ではないんです。からだの中身のあり方なんです。
価値観・美意識が大事なんです。自分で感じ・考える力を持っているかが大切なんです。
その力があれば、時間さえかければ伸びるんです。

 …などなど。

時間がある今だからこそ、競技会による結果に惑わされる事なく、
じっくりと、丁寧に、色んな事を考え、感じ、トライできますね (╹◡╹)
2020.04.24 Fri l ダンス・動作の考察 l コメント (0) l top
神戸大学の巽好幸先生が、「美食地質学」と言うのを提唱されている。
マグマが専門で、マグマと美食の関係を研究されている。

先生があるテレビの番組で教えてくれるには、
日本列島って、地震とか火山が多くて
非常に地球上でも特異な場所にある。
その場所の特異性とその地の食べ物は密接に関係していると言う。

例えば、和食の基本は昆布の出し汁に対し、
フレンチは獣の肉をベースにスープを作る。

これは、水の違い、硬水と軟水の差とその食材の相性から来るそうだ。

では日本は軟水で、ヨーロッパが硬水なのは何故か?

一つは、地形の差、
川を例に取ると、日本の川は高い所から短い距離で流れ急勾配が特徴。
一方ヨーロッパは、低い位置から長い距離で流れる川が多い。

その間に、カルシウムやマグネシウムなどの成分が水に混じり、硬水になる。

今から1400年前、日本列島はまだ山の無い平原だった。
急に山が高くなったのは300万年前から、
日本近くのプレートの流れの変化によるらしい。

地球全体で十数枚あるプレートの4枚が、日本のすぐそばにひしめいている。

その特異な地質とその地の美食の関係が、大変面白い。

ここからは、私の勝手な想像…

その特異な地質と、その上に生まれる「歩き方」にも大きな関係があるはずだ。
私は、これを「歩法地質学」と呼びたい (^○^)

例えば、
1、大腿骨の回旋
ヨーロッパ…内旋しやすい
日本…外旋しやすい

2、エネルギーの流れ
ヨーロッパ…上から下へ
日本…しゃがんでからの下から上

3、足の裏
ヨーロッパ…点で立つ(踵から爪先へ)
日本…面で立つ(ベタ足)

などなど、これらの歩法の差は、
日本とヨーロッパの地質的な違いと大いに関係がある様に思う。

2020.04.23 Thu l ダンス・動作の考察 l コメント (0) l top
アフリカ大陸を横断するポレポレ列車。
日本の若者が旅するドキュメンタリー。

景色は、遙か遠くまで見渡せ、乾燥した大地が延々続く。

彼は途中下車したある街で、地面を掘ってお金になる鉱物を取り出す手伝いをする。

地面を1メートルくらい掘るのだが、
カサカサした、赤み色した、ホコリっぽい土が何処までも続く。

本当に何処までも乾いてる。

別の街で彼は、小さな太鼓を貰う。
そして駅でも何処でも、太鼓を叩くと、子供が寄って来て踊り出す。

太鼓を両手で叩くのと、子供が二本の脚で大地を踏むのが、同じ事に見える。

リズムだけがある。

そこには、ボディアイソレーションも、コネクションも、距離感も、表現も何もない。
ただ、強烈なリズムがある。

リズムに合わせて身体を動かす事と、
地面を叩く事でリズムが生まれるのは、違うのだと分かる。

…彼の旅は終わりに近づく。

ある駅で、午前中に来るとだけ知らされた列車を、朝から待つ。
でも夜になっても、列車は来ない。

ある老人に彼は聞く、「いったい、いつ列車は来るんですかね、」

「いつ来るかは問題でないです。  …時が来れば来ます。」と老人は何気に言う。




2020.04.23 Thu l つれづれ l コメント (0) l top
NHK朝ドラ「エール」を見ています。

世界的に活躍するオペラ歌手、双浦 環(紫咲コウ)が、
教会で歌うために登場するシーンが忘れられない。

時は大正時代、主人公の古山裕一はまだ子供で、
ある日彼が迷い込んだ教会に、彼女が現れる。

その登場シーンは足元のアップから、
教会のセンターロードを、白いハイヒールが「カツ、カツ、カツ」と音を立てて歩いていく。
アップになると、ロングドレスに身を包んだ彼女がいる。

この音を立てて歩くヒールの場面が、今までにない新しい文化の登場をひしひしと感じさせるのだ。
単純にカッコいいと思う。

当時の日本で、こんなに上手にヒールの音を響かせながら歩ける人は、
そうはいなかったはずだ。

そもそも日本では、室内で足音をさせるのは礼儀作法として失格である…

この場面から思い出されるのが、
映画サタデイナイトフィーバーの冒頭シーン。

主人公のジョントラボルタが赤いシャツに身を包み、
バイト先のペンキ缶を片手に持ちながら、
あのテーマ曲に合わせて、カッ、カッ、カッ、と歩くシーン。

うーん、カッコいい❗️

この冒頭シーンの歩きっぷりが全てを物語っている。
後は観なくてもいいぐらいだ (^○^)

あんな風に歩いてみた〜い。


2020.04.21 Tue l つれづれ l コメント (0) l top