FC2ブログ
世界には、

外旋族と内旋族がいる。

体重をかけた時、太腿が
外側に回りたくなる外旋族と
内側に回りたくなる内旋族。

外旋すると脚は、屈曲し、身は地に近付こうとする。
内旋すると脚は、伸展し、身は天に近付こうとする。

日本人は外旋族。
欧米人は内旋族。

同じ島国でも、(前回ブログと合わせ考えると)

英国人は「かかと内旋族」であり、
日本人は「すり足外旋族」。

真逆の存在。

社交ダンスを学ぶとは、この「真逆の民族舞踊」を習得する試みである。
スポンサーサイト




2018.09.13 Thu l ダンス・動作の考察 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿