FC2ブログ
前回ブログ、“サッカーとダンスの意外な関係”の番組に、
EXILEのTETSUYAさんがゲストに。

彼はダンサーとして活躍する一方、ダンスに関わる多方面にも活動している。
今は、日本の伝統舞踊を実際に体感し、継承して回る活動も。

そんな中で、日本独自の身体の使い方に気付いたそうだ。

それは、「腰の位置が低い」事。
「そこの位置に、置いておくのが日本人は得意なのか?
低い腰の位置で動くのが得意なのか?」と語る。

阿波踊りの写真が映し出されていたが、
たしかに腰高な阿波踊りではサマにならない (^○^)

他にも、獅子舞、お神楽、どじょうすくい踊り(安木節)…どれも腰を低く落とした状態で踊る。

何故にそうなのか?

伝統だから?

何故、それが伝統になったのだろう?

腰を低くする、しゃがむという行為を、何故日本人は取るのだろう。
スポンサーサイト




2020.04.21 Tue l つれづれ l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿