FC2ブログ
今日は、私の好きな「野口体操」関連の本の中から
お気に入りの文章を。

「野口体操 感覚こそ力」(羽鳥 操 著)より

・野口体操でいう動きとは、『中身の変化が、外側に現れたもの』と、とらえています。
したがって、外の形ではなく、形が生まれるからだの内側に徹底的に着眼し、
実感したことを基にして、動きの方法論を編み出しています。

・運動能力が高いということは、その動きに必要な状態の差異を、
自分のからだの中に、自由に創り出すことのできることである。
自分のからだの中にその動きに最適な通り道を空けることである。

・大事なことは形ではないんです。からだの中身のあり方なんです。
価値観・美意識が大事なんです。自分で感じ・考える力を持っているかが大切なんです。
その力があれば、時間さえかければ伸びるんです。

 …などなど。

時間がある今だからこそ、競技会による結果に惑わされる事なく、
じっくりと、丁寧に、色んな事を考え、感じ、トライできますね (╹◡╹)
スポンサーサイト




2020.04.24 Fri l ダンス・動作の考察 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿