FC2ブログ
「ウォーターアスリート大集合! 美ボディの秘密に迫る」
という番組が今日ある。

水の競技で鍛えられたイケメンボディ大集合、
超ハード 羽根田卓也の㊙️腕立て!

羽根田選手は、カヌー競技で前回オリンピック銅メダルを獲得した、
惚れ惚れする筋肉美を持つアスリート。

私と対極にある体型だ…( ̄∇ ̄)

ところで思うのだが、そもそもスポーツには2種類あって、
上半身主導の上半身スポーツと、
下半身主導の下半身スポーツ。

羽根田選手のカヌーなどは上半身スポーツの典型で、他に水泳などもそうだろう。
陸上の槍投げや砲丸投げの投てき種目も。
一方、相撲・レスリング・柔道などは下半身スポーツ。

何を美ボディとするかは別として、羽根田選手の体型と、
横綱白鵬の体型を比べてみれば、それがよく分かる。

上半身スポーツは、逆三角形の身体となり、
下半身スポーツは、三角形の身体となる。

世界のヒトは、肌の色、国籍、性別、宗教、職業などで分類されるが、
生き物として、「逆三角形ヒト」と「三角形ヒト」という分類も可能ではないかな。

もともと日本人の上半身が、西欧人のそれと比べて貧弱と言われるのは
そういう訳だし、逆もまた同じ事。

概して西欧人は逆三角形ヒトだし、日本人は三角形ヒト。
生息する風土に適応した結果だから、別に優劣がある訳じゃない。

さて、ボールルームダンスはどうであろうか?
やはり、西欧人の文化であり、かれらの歩き方を基にした踊りだから、
上半身スポーツでは、と思うのだが。

でも西欧人の書いたダンスのテクニックブックには、その殆どが足、脚に関するものであり
ボディについてはCBMくらいなのは何故なのだろうか?

きっとヒトは進歩するために、自分に無いもの・弱点を探求するのである…


スポンサーサイト




2020.08.09 Sun l つれづれ l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿