FC2ブログ
好きな画家に、熊谷守一がいる。

晩年、自宅から殆ど外に出ず、
昼間は庭の中の観察で時間を過ごす。

アリを見たり、金魚を見たり、かまきりを見たりしている。

実際に絵を描くのは夜。

彼の一日を見ていると、まるで
観察が主で、絵を描く方がおまけの様に見える。

観察そのものが楽しくて、楽しくて。

もしかしたら、画家の本質ってそこにあるのかな。

ダンスを踊る事も、似ている。

毎日毎日、同じステップを繰り返す。
何をしてるかと言えば、身体の中の観察。

感じて、感じて、何かを発見する時がある。

パーっと、何かが開けていく。

画家のモチーフ、ダンサーの身体。定点観測。
スポンサーサイト




2020.08.14 Fri l つれづれ l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿