FC2ブログ
社交ダンスの教師試験が来月ある。
梅原ダンスの新人くん二人も受験予定。

となりに居る彼らは、勉強している様に見える…

教師試験といっても、世にある国が認めた歴としたものではない。
が、内容的には結構難しいのだ。

世に、先生と呼ばれる職業は幾つ有るだろう?

医者、弁護士、会計士、政治家、学校の先生、ピアノの先生…
どれも先生と呼ばれるまでに、長い時間と努力が必要だ。お金も相当かかるだろう。

誤解してもらいたくないが、世に有る先生の中で、
ダンスの教師ほど簡単に先生と呼ばれる職業も少ない。

一言でいえば、甘い蜜がここにある。

だからこそ、自責の念を込めて思う。
ダンスの先生は自からハードルを設定しなければ、甘い蜜に騙されて骨抜きになっちゃうヨ!

スポンサーサイト




2011.08.31 Wed l つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kazudancediary.blog.fc2.com/tb.php/26-c07395c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)