FC2ブログ
社交ダンス、
それも競技会やパーティーなるものを生まれて初めて見た人は
ビックリして、引く人半分、
ビックリしたけど、惹かれる人半分
であろうか…

社交ダンスとの縁は人、様々であろう。
振り返り、自分の惹かれた理由は何だったであろう?

一つには、女性と堂々と踊れる事で有る。
それは、男女が組んで踊るというルールそのものが社交ダンスで、
それは幸いにして社会的に許容されているのだ。

ホールドを抱擁とするなら、
ある日、見ず知らずの人に、挨拶だけで抱擁できるルールは
特異である。

それも言語、年齢を問わない世界共通のルールなのだ。
豪華客船に乗り、世界を旅出来る人なら実感されているであろう。

とにかく年齢を重ねても、
もしダンスがことのほか上手で、
服装のセンスも磨いておけば
実に世界中の女性と抱擁出来る、かも、しれないのだ…

そんな事を想像してこの世界に入った訳ではないが、
ダンスに巡り合えた幸せに、感謝(^-^)/



スポンサーサイト




2011.09.17 Sat l つれづれ l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.09.17 Sat l . l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kazudancediary.blog.fc2.com/tb.php/58-edf3e538
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)