FC2ブログ
大腿骨頭。
この球の関節、何だか美しいなあ~。

たまに気が向くと解剖学の本を眺める。
今日のお気に入りは大腿骨頭。
大転子だの、小転子だの、面白い名前が並ぶ大腿骨。
その中でも、大腿骨の端にある、このつるりんとした玉に、自分は乗ってるんだな~。

毎日、5~6時間は踊るダンス。
その時間は単一ではない。
日によっても違うし、それこそ分単位でも違ってくる。
その違いは感覚だ。

感覚が冴え、大いに楽しめる時、新しい発見のある時もあれば、
疲れて時間だけが過ぎる時もある。

人間もダンスも、生ものだから仕方がない。
でもこの感覚というのは、言葉に表すのは難しく、瞬間瞬間移ろい過ぎてゆく。

学術的に何かに残す訳でもなく、一抹の虚しさを感じながらも、
自分にしか味わえない感覚を得た時の幸せ、がある。

これは、遊びなんだろうか。
感覚と戯れる遊び。

レッスンで感覚を伝えるのは難しい。
でも、それを避けてするレッスンは虚しい。

難しいと了解しながら、でも深刻にならずに、
早急な期待をせずに、でも必ず出来るという確信を持って、
人に伝えて行く。

そんな仕事をしていると感じる。
スポンサーサイト




2011.10.12 Wed l つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kazudancediary.blog.fc2.com/tb.php/79-92d84766
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)