FC2ブログ
「歩くとは、中間から中間までの間に行われる背骨の運動である。」

歩くとは
脚、足の運動ではなく背骨の運動である。
それは
中間から中間までの間に行われる。

もし自分が、「背骨」だったら?

どんな運動をどういうタイミングで行うかな。
それがどの様に伝わって行くのかな。

思えば、背骨が運動して何万キロも旅する魚がいる。

背骨の運動は3種類
側屈(魚)
丸める反る(四足動物)
ねじる(人)

人は進化の過程でこの3つを会得した。

この背骨の運動が上手に漏れる事なく地面に伝われば
人はエネルギーを得て移動する。

まるで魚が水をかく様に。
まるで鳥が風に乗る様に。
まるで馬が大地を蹴る様に。

そんな風に歩きたい。
そんな風に踊りたい。

( ´ ▽ ` )ノ
スポンサーサイト




2011.08.25 Thu l つれづれ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kazudancediary.blog.fc2.com/tb.php/9-d2566c69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)